ボニック効果的な使い方

ダイエットに取り入れたいウォーキング



ダイエット

ウォーキング

正しい姿勢で、ある程度の距離を歩くことで、運動消費カロリーを増やします。 基本的に運動しないダイエットはリバウンドの要因です。是非、毎日の生活で歩くことをしましょう!

リバウンドしないために

リバウンドを起こす人には、「ダイエットに成功した」という事実に満足して、目標達成後のリバウンド対策を怠る傾向があります。成功体験は、自信と実力をつけるのに効果がありますが、見た目や周囲の評価を一変させてしまうダイエットの場合は成功者に過剰な自信を付けさせてしまうことが多いのです。

満足して思い上がってしまうと、「自分のやり方・考え方が何よりも優先されるべき」と思い込むようになり、事故や失敗を引き起こしやすくなります。ダイエットの場合「一度成功しているからいつでも痩せられる」と思うのは序の口で、「そのやり方じゃ痩せられない!」「私が考えたダイエット法の方が効果的!」と周囲を振り回すようになると、周囲との関係を悪くしてしまいます。
身体は痩せても心に脂肪がついていては、ダイエットに成功したとは言いがたいものです。痩せることは大変なことですが、痩せたからといって思い上がらず、自分にも周囲の人にも謙虚になることがダイエットでは重要です。

リバウンド現象が発生するのは目標体重到達後に、ダイエット以前の節制されていない生活に逆戻りすることが原因と言えます。つまり、目標体重到達後もダイエット中の生活を続ければリバウンドは起こりにくくなるはずなのです。
リバウンド対策としてはダイエット中の生活内容をそのまま行うのではなく、カロリー摂取量の段階的な増加と運動習慣の持続というように限定的にダイエットを行い体重の維持に努めることが効果的です。

ダイエットで筋肉量の低下を招く主な原因

1.極端な食事制限
2.栄養バランスの乱れ(特にタンパク質不足)
3,運動を取入れない(食事制限のみのダイエット)

「食事+運動ダイエットは、推奨量の2倍のタンパク質摂取で筋肉量低下を防げる」

この研究は、被験者を推奨量のタンパク質を摂取するグループ、推奨量の2倍のタンパク質を摂取するグループ、そして推奨量の3倍のタンパク質を摂取するグループの3つの男女のグループに分け、運動・食事を管理して減量を行い、身体組成や筋肉のタンパク質代謝などを1ヵ月間調べたもの。推奨量の2倍のタンパク質を摂取したグループでは、筋肉量の減少が見られなかったという研究結果が出ています。

この結果により、運動と食事制限によるダイエットでは、タンパク質摂取量が推奨量では足りないということが証明されました。もちろん、運動量などにより、必要なたんぱく質摂取量は異なってきますが、運動をしながらタンパク質の不足を防ぎ、筋肉量を低下させずにダイエットするには、たんぱく質の摂取量を増やす必要があるということが確認されたのです。
この研究は1ヵ月間行われ、最初の10日間は食事のカロリーを減らさずに体重を維持し、残りの21日間でエネルギーを制限して、1週間で2ポンド(約1kg)ずつの減量を行っています。
食事と運動によって、1ヵ月程度の短期的なダイエットを行う場合には、特にタンパク質の摂取量に注意が必要だと研究者は言っています。

a:1360 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional